「事業発展のためには、今すぐ産廃許可が欲しい!」とお考えの方、産廃専門 行政書士 産廃許可代行侍にお任せください!新規許可申請 57,800円 産廃許可専門行政書士 坂本倫朗
「事業発展のためには、今すぐ産廃許可が欲しい!」とお考えの方、産廃専門 行政書士 産廃許可代行侍にお任せください!新規許可申請 57,800円 産廃許可専門行政書士 坂本倫朗

産廃業許可取得を
お考えのあなたに

産廃許可専門行政書士 坂本倫朗

はじめまして。関東一円の産廃許可に対応できる
東京都板橋区の行政書士、坂本倫朗です。

当事務所では、お客様から「依頼してよかった!」と言っていただけるように、3つの挑戦をしています。
  • 税込み「定額表示」でシンプルな料金設定
  • 最短・最速の申請スケジュール作成
  • 「土日もOK!」相談しやすい体制づくり
産廃許可代行侍の実績紹介 他にも実績多数あります!

「結局のところ、全部でいくら用意すればいいの?」

はい、総額をお答えします

【新規】産廃収集運搬業許可(積替え保管を除く)の場合

報酬 都県への納入費 総額
57,800円(税込) 81,000円 138,800円

【更新】産廃収集運搬業許可(積替え保管を除く)の場合

報酬 都県への納入費 総額
47,800円(税込) 73,000円
(※東京都42,000円)
120,800円

※上記には講習会費用は含まれません。また申請前の準備として、ドラム缶やフレコンバッグなどの備品の購入をお願いすることがございます。


【その他】許可後の変更届 ▼クリックで値段表示
変更する内容 行政書士報酬
運搬車両の追加
(1台)
20,000円
駐車場所在地の変更
(1台)
30,000円
法人の所在地変更
(同一県内の移動)
148,000円
司法書士報酬を含む

上記は一例です。複数の都道府県へ変更届を提出する場合や、複数の車両について変更届を提出する場合、
お値段をお安くします。詳しくはご相談ください。

また、他の変更届出についてはお問い合わせください。
・特別管理産業廃棄物については、こちらを御覧ください。

「費用のほかには、なにを準備すればいいの?」

はい、産廃収集運搬(積替保管なし)で、まず確認していただきたいものは、次の3つです

講習会の修了証

日本産業廃棄物処理振興センターで処理業の講習会を受けて、修了証を手に入れる必要があります。
会場はすぐにいっぱいになるので、予約はお早めに。
講習会の申し込み手続きは、当事務所でも代行しております。

運搬車両

東京都で申請する場合は、借受車両では登録できません。
車検切れにも注意が必要です。

所得税/法人税の納税

直近3年分の所得税/法人税を確認し、未納分がある場合は、納税しておくと申請がスムーズです。納税できない理由があればご相談ください。

ご推薦の声

スピーディーで感動しました

運送業 谷川航様

※東京都に許可申請
アンケート

スピーディーで感動しました。

ご依頼してから講習会と申請の予約がスピーディで感動しました。

対応も丁寧で許可取得まで安心して進めることができました。

スピーディーで感動しました。

ご依頼してから講習会と申請の予約がスピーディで感動しました。

対応も丁寧で許可取得まで安心して進めることができました。

アンケート



強面ですが笑顔が優しく行動力のある先生です

税理士HGS総合事務所

代表税理士 東山秀之様

強面ですが笑顔が優しく
行動力のある先生です

坂本先生とは交流会を通じて知り合いになりましたが、
その後も行政書士業務について気軽に相談できる先生として
お付き合いをさせていただいております。

坂本先生はとても勉強熱心な方で、多方面、他分野のセミナーに出席するのみならず、ご自身でもセミナーを開催されております。

産廃業許可申請の業務については、
これから収集運搬業を始めようとする方に対し、
許可申請の業務以外についても十分なヒアリングを行い、
良き相談相手としてご活躍されているようです。

弊事務所は今後も坂本倫朗行政書士事務所とwinwinの関係を築いていこうと考えております。




自信を持って坂本先生を推薦いたします。

小松原行政書士・海事代理士事務所

小松原素樹様

自信を持って坂本先生を
推薦いたします。

坂本先生はクラウドサービス、電子契約書等々、
日々世の中の新しい動きをキャッチして取り入れていらっしゃいます。

「産業廃棄物許可の行政書士」という枠におさまらず、
様々な面からお客さんのお役に立ちたいと考える姿勢に、
同業者の私も刺激を受けています。

私からも自信を持って坂本先生を推薦いたします。

お気軽にご相談ください

「そもそも許可は必要?」「うちは要件クリアできる?」「見積もりはもらえる?」
「どうやったら最速で取得できる?」
初回相談無料/丁寧に説明します

電話での相談はこちら
03-6780-5050
(9:00~21:00 土日対応可)

もしも不在のときは、あとで携帯からかけなおします。

メールフォームからの相談はこちら

坂本倫朗行政書士事務所代表プロフィール私がご担当いたします!

坂本倫朗行政書士事務所代表プロフィール


産廃、面白いです

坂本倫朗

東京都行政書士会会員

産廃許可率100%のIT系環境行政書士

14年間、IT系プログラマとして、さまざまなコンテンツ制作に携わる。

その後、水俣に生まれたことと、家族が環境について深い関心をもっていたことがきっかけで、
産業廃棄物を扱う行政書士となることを決意。
以降、年間100件に及ぶご相談に対応。
IT技術を駆使した産廃許可申請業務の効率化により、全国屈指の価格帯と品質でサービスを提供中。

産廃の申請先が関東圏を超えることもしばしばで、
全国に業務範囲の地図拡大を目指して日々の業務に取り組んでいる。

許可申請後も、お客様の事業発展に貢献できるようにと、
2018年から資金繰り、助成金、補助金といったさまざまなプロフェッショナルと顧問契約を締結。
業務効率化や経営に関するさまざまな相談にお応えできる体制を整えている。



プロフィール

【生年月日】
1974年1月6日生まれ (熊本県水俣市出身)

【経歴】
九州国際大学卒業
熊本学園大学修了
14年間ITスキルを磨いた後、行政書士事務所を開設
現在の目標は、3年以内に行政書士法人を設立すること

【はまるリスト】
10代:うる星やつらとキャプテン翼とMSXにはまる
20代:バスケットボールとパソコン通信にはまる
30代:Macromedia FLASHとさまぁ~ずにはまる
40代:嫁にはまる(いい意味で)

【身体的特徴】

身長178cmかなり強面
(こわもてですが、気軽に話しかけてください!)
体重78kg
書類業務で1日中座っているので、上半身に比べて下半身が細い
声が低い



得意なこと

最短の申請スケジュールを組むことを得意としています!

御社の発展を支援します

産廃許可申請とセットでお申込み可能なサービス一覧

解体業などの建設業許可申請(知事・一般の場合) 15%OFF!
80,000円(税込)で対応
古物商許可申請 30%OFF!
35,000円(税込)で対応
助成金についての無料診断
顧問先:弁護士法人菰田総合法律事務所
0円で対応

提携企業

ほかにも様々なご相談に対応可能です

・弁護士法人菰田総合法律事務所等
・社会保険労務士法人菰田総合労務事務所
・合同会社G&N
・WORKtheMAGICON行政書士法人
・特別相談役 小堺コンサルティング事務所
・税理士法人アイユーコンサルティング
・One Asia Lawyers

当事務所の24の特徴

お客様に「頼んでよかった!」と言ってもらうために、当事務所が挑み続ける24のこと

  1. 産廃に特化した行政書士
    産業廃棄物の許可申請に特化した行政書士が対応します。これまで失敗はありません。安心してご依頼ください。
  2. 金額が分かりやすい「定額」表示
    「ホームページで、いかにも安そうに表示しておいて、あとから消費税や書類取得費や交通費などの追加費用を請求する」ということがイヤなので、当事務所の金額はコミコミ表示です。
  3. 返金保証
    着手後に許可が取得できない場合、お預かりした全額を返金致します。
    (※ただし、ご本人または役員等の欠格事由が後に判明して、 その結果不許可となった場合、返金はできかねますのでご注意ください。)
  4. 複数県対応可能
    許可申請のルールは県ごとに違います。当事務所では複数県にまとめて申請を出す場合にも対応いたします。
  5. 初回相談料無料
    お電話での初回相談は無料。面談での相談は30分完全無料。
    まずはお気軽にご相談ください。
  6. 夜間の相談可能
    仕事終わりにお話ししたい方は、ご相談ください。
    (事前にご予約をいただくことで、21:00~23:30対応可)
  7. 土日のお打合せ可能
    「忙しくて土日しかあけらない」という方も、当事務所にご相談ください。
    (事前にご予約をいただくことで、土日も7:00~23:30対応可)
  8. 許可申請前の丁寧なヒアリング
    受けた依頼を単にこなすのではなく、今後の法人化や、あとから必要になりそうな産廃品目など、将来のことも考慮した許可申請を行います。
  9. 関東一円をフットワーク良く対応
    東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に交通費コミで対応しています。
  10. 出張お打合せ可能
    お客様の事務所・営業所やお近くのカフェでお打合せ可能です。個人事業主様のご自宅にもお伺いすることができます。
    お客様は当事務所までお越しいただく必要がなく、余計な時間もかかりません。
  11. 無駄なご来所は不要
    大手の行政書士先生やご年配の行政書士先生のような、「用があると必ず事務所に呼びだされる」ということがありません。
  12. 連絡がつきやすい
    メール、電話以外にも、ショートメール、LINE、Facebookメッセンジャー、Chatworkなどから、あなたのご都合に合わせた連絡方法を選べます。
  13. 速やかな許可申請
    当事務所にご依頼いただけることが確定した段階で、すぐに申請の予約をとります。
    最短5日で申請書類の作成が可能です。
  14. 申請書の作成を当事務所が代行
    全てのプランにおいて、代表の坂本が申請書類を作成します。
    初めてだと難しい事業計画の作成も、ぜひプロにお任せください。
  15. 建設系以外の産廃にも対応
    工場から出る産廃など、他の行政書士が敬遠する難しい産廃申請にもしっかりご対応いたします。
  16. 難しい県の申請にも対応
    関東以外で審査が厳しい福島県、静岡県等にも実績があります。
  17. 最新情報のご提供
    産廃許可の基となる「廃掃法」は、法改正がしょっちゅう行われ、しかも厳格化する傾向にあります。
    当事務所では最新の業界情報をご提供いたします。
  18. プロフェッショナル士業のネットワーク
    プロフェッショナルの士業とつながりを持っています。お悩みごとは私にまとめてご相談ください。
  19. 弁護士との顧問契約
    法律的なご相談がある場合、提携している弁護士と一緒に対応が可能です。
    「法律に自信がない」という方は、当事務所にご依頼ください。
  20. 助成金について対応可能
    社労士をご紹介できます。たとえば新たに社員を雇うときや賃金をアップするときは、助成金の相談をするチャンスです。
  21. 補助金のご相談が可能
    たとえば低公害車の購入時に、補助金を役立てることができるかもしれません。ほかにも補助金について提案が可能です。
  22. 資金繰りの相談が可能
    「返済期間をのばしたい」「なんとか借りる方法はないか」「良い条件で借りられないか」といったときに、資金繰りのプロを紹介可能です。
  23. 業務効率化の相談が可能
    事務処理を効率化させるIT技術者をご紹介可能です。
  24. 笑顔で対応
    元気よく対応いたします!

お問合せから
許可取得までの3STEP

ご依頼時の流れを、少し詳細にご説明します。

※青色のところが、お客様にお願いするところです。

  • step1

    ①お打合せ

    メールまたはお電話にて、お打合せのご希望の日にちにを伺います。
    お打合せには、以下をご用意ください。
    (1)財務諸表(直近3年分)のコピー
    (2)会社の定款のコピー
    (3)車検証のコピー
    (4)講習受講済みであれば修了証のコピー

    そのほか、どのような産廃を、月間ベースでどれくらいの量扱う予定かをお教えください。


    「定額」プランをご希望の場合は、
    お打合せの場でお見積り額をご提示します。

  • step2

    ②各種書類の収集・作成

    契約を締結し、ご入金いただいたのち、
    お客様に揃えていただく「一覧リスト」
    をお渡ししますので、
    ご用意いただきご送付お願いします。


    当事務所で申請書類の作成を行います。
    最後に申請書に押印をお願いします。

  • step3

    ③都庁・県庁へ申請

    事前にお振込み頂いた都県への納入費と申請書をあわせて、
    都庁・県庁への申請を行います。
    申請書類の作成・申請書類の提出は、
    すべて当事務所が行います。

  • 3STEPで
    完了!

無料相談はこちらから

「そもそも許可は必要?」「うちは要件クリアできる?」「見積もりはもらえる?」
「どうやったら最速で取得できる?」
初回相談無料/初めての方も丁寧に説明します

電話での相談はこちら
03-6780-5050
(9:00~21:00 土日対応可)

もしも不在のときは、あとで携帯からかけなおします。

メールフォームからの相談はこちら

お問合せ

当日のお打合せ可能。遠慮はご無用です

03-6780-5050
(9:00~21:00 土日対応可)

より専門的なご相談について

特別管理産業廃棄物の申請をお考えの方に

特別管理産業廃棄物の申請に対応しております。 廃油、廃酸、廃アルカリほか、医療系産廃、PCB、水銀等、特管産廃の許可申請に対応します。
申請前の車・容器に関する要件の相談や、受講が必要な講習会についてご相談いただけます。
また、PCBの、事前計画書のご相談も承ります(作成については別途見積)。
特管産廃の行政書士報酬額については、普通産廃の金額から+2万円(税込)が加算されます。

よくある質問

Q&A

Q電話相談ではどんなことを話しますか?
A詳しい状況をお聞きして、産廃の許可がおりそうかを判断いたします。
Q事業をはじめて3年たたないと申請はできないんですか?
A個人・法人どちらも、開業してすぐであっても申請可能です。
Q土日しかあいてないんですが、土日に電話相談できますか?
Aはい、事前にご予約をいただくことで、7:00~23:30対応いたします。電話かメールでご希望時間をお伝えください。
Q夜間しかあいてないんですが、夜間に電話相談できますか?
Aはい、承ります。事前にご予約をいただくことで、21:00~23:30対応いたします。電話かメールでご希望時間をお伝えください。
Q産廃業許可について、そのうち取得することを検討していますが、何から準備したらいいですか?
Aはじめて許可を取る場合、申請より前に産廃業の講習会をうけておく必要があります。
講習会は常時開催ではないので、早めにご予約して受講をおすませください!
公益財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター 講習会・研修会のページ
(さらにいえば、受講を予約したら、受講の終了をまたずに申請の予約を行うのが、許可申請を早めるコツです!)
Qうちの会社は、どこの県の許可が必要ですか?
A産廃の許可は都道府県ごとに必要です。そして、産廃を積むところと降ろすところの県が違う場合、その両方で許可を取る必要があります。
このように、複数の都道府県にまたがって積み下ろしをする場合は、その積むところ、降ろすところすべての都道府県で許可が必要です。
産廃を積み下ろしをしない、載せて通過するだけの県には許可は必要ありません。
Q申請してからどれくらいで許可取得できますか?
Aおよそ60日ですが、自治体や申請のタイミングによって異なります。
申請時に許可取得時期の目安をお聞きしてお伝えします。
Q借金があるのですが、許可は取れますか?
A債務超過でなければ大丈夫です。債務超過の場合は、追加の書類を提出します。
債務超過でも、計画書や財務診断書があれば、許可は申請できます。
Q報酬の支払いは後払いに出来ますか?
A申し訳ありませんが、前払いでお願いしています。
しかしながら、複数県の申請をご依頼いただく場合は、一部について後払いのご相談に応じます。
この場合も、申請料の立て替え払いはできません。
当事務所でご予約の代行手続きすることも可能です。
Q会社の設立も同時に行いたいですが、対応できますか?
Aはい、会社設立についても司法書士と協力して対応いたします。
その場合は、先に登記を済ませてからの産廃業許認可申請となりますので、会社設立手続きと許可取得まででおよそ80日近くかかります。
また、会社設立以外にも、産廃業に合わせた定款変更にも対応しております。ご相談ください。
Q関東以外の県の申請もお願いできますか?
Aはい、もちろんご対応いたします!
Q収集運搬車両の車検の期限が心配です
A車検については申請時のタイミングで切れていないように注意する必要があります。
Q直接会って相談したいんですが、来てもらえませんか?
Aご予約いただければ伺います!
(申請に関する法律相談や具体的な書類の書き方についてのご相談は、1時間5000円の相談料で承ります。お電話でご依頼ください。)